岡崎市でランチ安いと評判のレストラン四季は、障がい者の社会参加、社会復帰事業を通して就労サポートを行っております。
就労継続支援B型事業所とは

就労継続支援B型事業所とは

Working

働く場を提供する就労継続支援
働く場を提供する就労継続支援
就労継続支援は、一般企業への就職が困難な方へ働く機会を提供するサービスです。
就労継続支援には、対象者や支援内容により就労継続支援A型(雇用型)と就労継続支援B型(非雇用型)の2つの枠組みがあります。
就労継続支援B型とは?
就労継続支援B型とは?
就労継続支援B型とは、障がいや難病のある方のうち、年齢や体力などの理由から、企業等で雇用契約を結んで働くことが困難な方が、軽作業などの就労訓練を行うことができる福祉サービスです。
障がい者総合支援法に基づく福祉サービスのひとつであり、比較的簡単な作業を短時間から行うことが可能です。

年齢制限はなく、障がいや体調に合わせて自分のペースで働くことができ、就労に関する能力の向上が期待できます。
事業所と雇用契約を結ばないため、賃金ではなく、生産物に対する成果としての「工賃」が支払われます。
就労継続支援B型の利用対象者は?
就労継続支援B型の利用対象者は?
就労継続支援B型は、18歳以上の身体障がい、知的障がい、精神障がい、発達障がいや難病のある方が利用対象となります。
就労継続支援B型の特徴
就労継続支援B型の特徴
就労継続支援B型の特徴は、障がいや体調に合わせて自分のペースで働くことができます。

「長時間働くことが困難」という方でも安心です。

また、「以前は一般企業で働いていたけど、今は体調に見合った働き方をしたい」と考える方が、一般就労や就労継続支援A型での雇用型勤務に移行する前に、リハビリを兼ねてB型事業所で就労に慣れるといった段階を踏むこともできます。
利用期間の制限もありません。
就労継続支援A型との違いは?
就労継続支援A型との違いは?
A型事業とB型事業の最も大きな違いは雇用契約が結ばれているかどうかです。

A型の対象者は、雇用契約が結ばれるため、条件を満たせば、有給休暇の取得や雇用保険の加入も可能となりますので、一般企業での雇用に準ずると考えられます。

一方で、B型の対象者は、利用者の作業から得られた利益は、全て利用者の工賃として配分されます。
但し、労働基準法が適用される雇用契約の下での労働者ではないため県が定める最低賃金は適用されません。

しかし、将来的にはA型や一般企業への就労を目指した訓練的な要素があり、ステップアップも可能です。